雨漏り補修を行う場合の業者の探し方とポイント

雨漏り補修を行う場合の業者の探し方とポイント

 

雨漏りをしてしまった際、業者に頼みたいけれどどこに頼んだらいいのか解らない。

そんな方に、雨漏り補修の際にどのような業者に頼むべきかを、ご紹介します。

 

・訪問業者には絶対頼んではいけない!

1番頼んではいけないのが、訪問業者です。

訪問業者の多くは、仕事をとにかく取ろうと思っている考えが大半です。

施工精度や建築技術として高い効果をお客様に与えよう、とは思っていません。

その為、工事を行う事を形にする考え方しかせず、いざ施工してもらってもすぐ雨漏りになってしまう事があります。

技術には残念ながら乏しい業者ばかりでので、絶対頼まないようにしましょう。

それでも、訪問業者は巧みな言葉で語りかけて、どうにか契約に持っていこうと必死になります。

訪問業者を断る事が出来ない方は、家の鍵を常に閉めておく事をオススメします。

面と向かうと断れない方でも、カギを開けないで話す事で断る勇気も出てきます。

 

・業者に見当が付かない場合は知り合いに聞く

ご自分で優秀な業者が解らない場合は、知り合いに聞いたりしてオススメの業者を選定すると良いでしょう。

そして、いきなり電話してその旨を伝えます。

いきなり電話しても、快く対応してくれる業者であれば、雨漏りの様な厄介な補修でも安心して頼む事が出来ます。

 

・インターネットで探す。

インターネットで「防水工事 名古屋」などのキーワードで探して業者さんを探す方法もあります。

ただし、この場合もホームページを優秀な業者かどうかはなかなかわかりません。

悪質なサイトに気をつけましょう。

 

・お客様の立場になって考えてくれる業者を選ぼう

本当に優良な業者は、あらゆる補修方法を提示してくれます。

更に、提示した補修方法に対して詳しく説明をしてくれます。

その中で、火災保険で修繕が可能かもしれないという事も、提示してくれる業者も居ます。

火災保険の提示をしてくれなくても、こちらから問い合わせてみて快く話してくれる業者は、

お客様の事を考えた優秀な業者と言えます。

業者本位の話の流れ方ではなく、お客様の立場になって対応してくれる業者を選びましょう。

 

 

・金額と方向性を決めてから雨漏り工事を行う業者

雨漏りというのは、具体的な施工の仕方に決まりがないので、施工する側の観点により補修方法にムラがあります。

その為、施工費に幅が生じます。

お客様としても金額が把握しにくいので、金額と施工方法の方向を決めてから、

雨漏り工事を行ってくれる事が大事となります。

金額を最初に決めずに「雨漏りは緊急だから」と言って補修工事をさっさと行い、

後から莫大な金額を請求してくる業者は沢山います。

そのような流れではなく、事前に金額を決めて方向性を確実にしてから施工に踏み切る業者をオススメします。

補修ですので、確実な金額が出せない場合もございます。

その場合は、この程度の金額と提示してくれるので、それを目安に補修費の金額を把握する事が出来ます。

 

防水工事や雨漏り補修は緊急的な事ですので、一歩間違えたら嫌な思いをしてしまう事があります。

施工方法と金額の目安はきちんと事前に把握し、雨漏り補修を行ってもらうのが鉄則です。

 

 

高齢者が居るお宅のリフォームポイント

65歳以上の高齢者がお住まいのお宅のリフォームは、
いかに今後過ごしやすい建物を作る事が出来るかが大きなポイントとなります。
どのようなポイントに目を向けてリフォームを行うと良いのか、ポイントをご紹介致します。

〇家全体の間取りを見直す
まず、現在の家の間取りは高齢者がどんな部分に不便に思うのかを、考えてみましょう。
使いにくい部分は、バリアフリーリフォームの対象となります。

〇手すりの設置
高齢者は、どんどん手すりが必要となっていきます。
若い方には感じにくい部分でも、手すりがあったらいいと思う箇所は大変多くあります。
これらの箇所は、最低限必要となります。

・玄関の上り口
・玄関ホール
・トイレ
・階段
・居間
・台所
・洗面所
・浴室
・廊下
・寝室

これらの至る所に、手すりは必要となります。
手すりの定義というのは各リフォーム雑誌や建築の基準でうたわれていますが、
1番は使う方がどの位置でどの高さが1番使いやすいのかを実際検討して取り付ける事です。
従来の基準で手すりを設置してしまうと、いざ使う時に不便だったという事はよくあります。
必ず使われる方に手を添えてもらって、どこのどの位置でどの高さ、
I型がいいのかL型がいいのかをきちんと検証してもらい、位置を決定するようにしましょう。
手すりは温かい素材が理想であり、塩ビや木などの熱伝導率が低い材料が理想です。
ステンパイプのような熱伝導率の高い素材は、絶対に選んではいけません。

外壁リフォームと同じタイミングで行おう

屋根のリフォームは、外壁のリフォームと同じタイミングに行う事をオススメします。
その理由は、仮設材の重複を避けるためです。
屋根のリフォームの際も、屋根に上るまでのルートに足場を設立します。
外壁のリフォームと一緒に行えば、屋根に上るまでの足場は外壁足場と兼用で使う事が出来ます。
仮設材は最後に残らない工事であり、意外と費用がかさむ工事です。
必要な仮設にいかにお金を掛けないかが工事の基本ですので、
一緒に行う事が利口な外部リフォームとなります。

単純に屋根のリフォームといっても、目を向けて欲しいポイントが沢山あります。
屋根は建物の頂点にある部位であり、建物を上からの外的刺激から守ってくれている重要な部位です。
ただ綺麗になればいい程度のリフォームではなく、
これから末永く使えるように様々な部分に目を向けるようにしてみましょう。
特に雨漏りが既に起きている建物の場合は、いかに雨を入れ込まないのかの
配慮をしてリフォームを行わなければいけません。
塗替えか葺き替えか迷ったら、葺き替える方をオススメ出来ます。
屋根がそっくり新しくなりますので、それまで受けていた不便さを間違いなく解消させる事が出来ます。

塗装の場合は機能性塗料に目を向けてみよう

塗装を行う場合は、屋根が外壁刺激を沢山受ける環境という事を考えて、塗料を選択するようにしましょう。
屋根の塗装は外壁と一緒にリフォームを行う事が大半ですので、
同じタイミングで塗装が出来るような塗膜状態が必須となります。
外壁と同じ塗料を選択して塗布すると、明らかに屋根に方が
紫外線等の外的刺激を受けてしまいますので、早く劣化してしまいます。
外壁のリフォームと頻度を合わせてしまうと、屋根が劣化した状態で
放置となってしまい、屋根に不具合が起きてしまいます。
屋根には、フッ素系塗料や光触媒塗料等、寿命が長い塗料を選択するようにしましょう。
普及品塗料のシリコン塗料と比べると1.5~2倍程の長寿命ですので、
外壁と同じタイミングに塗装を行っても同じタイミングでの塗装工事が可能となります。


・塗装で屋根の雨漏りを止めたい場合
葺き替えではなく塗装で雨漏りを止めたい場合は、防水機能が配合された塗料を選択しましょう。
少しお高いですが、屋根に1枚の防水膜で覆う事が出来ますので、雨水の浸入を防ぐ事が出来ます。

屋根の葺き替えや塗り替えの際に注意してほしいポイント

屋根の葺き替えや塗り替えの際に注意してほしいのは、これらのポイントがあります。

・葺き替えの場合は耐震性に富んだ屋根材の選択。
屋根の葺き替えの際に、既存と同じ屋根材に葺き替える事を考えると思います。
そこで注目してほしいのが、屋根材の重さです。
せっかく葺き替えを行うのでしたら、耐震性の高い建物にする事が出来る材料を選択しましょう。
建物というのは建物の上側が重いと耐震性に欠けてしまい、揺れに弱くなってしまいます。
建物の上側は軽くするようにし、耐震性を高める事が基本となります。
瓦屋根は重く耐震性に欠けていますので、瓦屋根を葺き替えする場合は
板金屋根やスレート屋根に葺き替えるようにしましょう。

・板金屋根の雨音が気になる場合
板金屋根に葺き替えするのはいいけれど、雨音の大きさが苦痛と思われる方もいらっしゃるようです。
板金屋根の雨音を緩和させる為には、屋根下地に断熱材を敷き込む事が高い効果を発揮します。
FP板を屋根の下地に敷き込み、その上からルーフィング、
板金と葺く事で、板金屋根に生じる雨音を軽減させる事が出来ます。
FP板を敷き込む事は屋根断熱にもなりますので、古い建物のリフォームの際はとてもオススメです。
他に、屋根裏の野地板の裏に発泡ウレタンを吹いたり、グラスウールを充填するなどの方法もあります。

・破風や淀が腐食している場合は部分取り替えも
破風や淀は雨水が回りやすい部位ですので、屋根本体自体が大丈夫であっても取り換えが必要な場合があります。
少しでも変だなと思ったら、破風や淀を剥がしてもらい木下地等も全て確認してもらいましょう。
屋根本体が塗り替えで良くても、破風や淀が腐食していたら木下地から全て取り替えるようにしなければいけません。

屋根リフォームのポイント

屋根のリフォームは葺き替え塗り替えどっちがいいの?

屋根は、10年ほど経ってくるとどんどん劣化してしまいます。
その際リフォームを検討しますが、塗り替えと葺き替え
どっちがいいのかと考えてしまう方もいらっしゃると思います。
微妙な状態ですと、お客様では判別つけがたい場合もあります。
そんな屋根のリフォームについて、種類別にポイントをまとめてみました。
お宅の屋根の具合の状態で、塗り替えなのか葺き替えなのかを検討するようにしましょう。

・鋼板(板金)屋根の場合
軽度のサビや色あせの場合は、塗り替えでOKです。
サビの程度が酷い場合や腐食が激しい場合は、葺き替えが必要となります。

・瓦屋根やスレート屋根の場合
瓦に軽度なヒビが入っている程度の場合は、ヒビを補修して塗り替えでOKです。
ヒビの程度が酷く、破損や漆喰の状態が良くない場合は、葺き替えが必要となります。

意外と知らない!リフォームとリノベーションとの違い~リノベーションとは

さて、リフォームとリノベーションの違いですが、今回はリノベーションについて。

◆リノベーション
リノベーションとは、建物に大規模な修繕工事を加える事です。
新築だった建物の状態に戻すというよりは、新築時以上の状態にし、建物の価値を高める意味もあります。
リノベーションという言葉は、修復や革新という意味があります。
リノベーションは新築時のような綺麗な状態にまで戻す事に対し、
リノベーションは+αでもっと使いやすい機能的な建物に導く工事となります。
古い建物であれば、現代的なスタイリッシュな間取りや外観にし、
その時代に似合った建物にする事もリノベーションといいます。
耐震性を高めて壁を改修したり、空間を広くする為に内壁を撤去する等、も意味をなします。
TV番組で放送されている住宅の改修番組で、建物の骨組みのみを残して
間仕切りなどを変えて工事を行っていくあの姿も、リノベーションです。

 ・リノベーションのメリット
 建物の間取りを自由に変えたり、建物の隅まで改修工事を行いますので、建物を生き返らせる事が出来ます。
 古い建物でも現代に似合った建物に生まれ変わらせる事が出来ますので、建物が今風によみがえります。
 更に、大規模なリノベーションを行うと断熱材も全て入れ替えになりますので、
省エネ効果が高い建物へと生まれ変わります。

 ・リノベーションのデメリット
 リノベーションのデメリットは、リフォームと比べると明らかに工事費がお高くなる事です。
 1000万円を超える事もありますので、とても大掛かりな改修工事となります。
 また、根本的な改修工事となりますので、工期がとても長くなってしまいます。
 2~3か月かかってしまう事もありますので、仮住まいが必要となります。

このように、リフォームとリノベーションは同じ改修工事でも規模の大きさが全く違います。
ご自分のお宅はリフォームでいいのか、リノベーションをしないといけないのか、
改修工事を検討する際は細かい部分まで考えて決定すると良いでしょう。

意外と知らない!リフォームとリノベーションとの違い~リフォームとは

建物を改修工事する際に行う方法といえば、
リフォームとリノベーションの2つの方法があります。
このリフォームとリノベーション2つの違い、ご存じですか?
この2つのわかりにくい言葉について、違いをくわしくご紹介いたします。
まずはリフォームから。

◆リフォーム
リフォームとは、古くなった建物の表面を新築の様に戻す工事です。
リフォームという英語の意味は、悪い状態からの改良という意味であり、原状回復というとわかりやすいかもしれません。
汚れていたり壊れていたり等の経年劣化を、改修工事により良い状態に戻すという意味です。
多くは、壁紙の張替、床の張替、流し台などの設備機器の取り換え、外壁の張替等が主にあります。

・リフォームのメリット
 リフォームのメリットは、建物の表面を綺麗にする事でまるで新築のような建物へと生まれ変わらせる事が出来る部分です。
新築時のような空間を作る事が出来、リノベーションと比べると工事費がお安いです。
部分的なリフォームであれば住みながら出来ますので、ご家族の負担が少なく済みます。

・リフォームのデメリット
建物の上っ面しか改修工事をしないので、建物の性能としては向上しません。

世間が驚いた!曲線をかもし出したカーブフローリング

目地がカーブしている画期的カーブフローリングとは

 

フローリングといえば、真っ直ぐの目地に板材が乱に配置してある物が一般的です。

しかし、もうその様な並びは当たり前ではないようです。

真っ直ぐに並んだフローリングの定義を崩した、一見目を引く驚く特殊なフローリングがございます。

それが、カーブフローリングです。

 

カーブフローリングは、目地が真っ直ぐではなく、目地が波打った形のフローリングです。

フローリングの1枚の板材自体が、緩やかな曲線になっているのが大きなポイントです。

木目に合わせた緩やかな曲の線のナチュラルな目地なので、柔らかさと温かさを感じさせるフローリングです。

カーブを描いた目地なので、更に木目のナチュラルさを綺麗に美しく見せてくれます。

自然な雰囲気が高まり、高級感もかもし出してくれます。

ふわっと癒される優しい空間を、演出してくれるフローリングです。

新築でもリフォームでも、使う事ができます。

 

カーブの曲線が全て均一ではないので、1箱セットになってきたフローリングの

曲線の凹凸をきちんと配置して張り付けなければいけない、面倒さがあります。

安価なフロアーと違いフローリングなので、張り手間は高くついてしまいます。

フロアーには無い、更に直線目地のフローリングにも無い、素晴らしいフローリング感を発揮してくれます。

無塗装版しかないので、張り付けた後に塗装工事が必要となります。

ご自分のイメージの塗装が出来るので、意のままの空間つくりに役立てる事ができます。

また、リフォームの際は、既存の木製建具等にカラーを合わせる事ができるので、とても便利です。

 

肝心なお値段ですが、㎡当たり15,000円程ですので、多少高価になってしまいます。

しかし、他には見ない目地が曲線のとても変わったフローリングなので、

例に見ないフローリング床にしたい方にはとてもオススメの材料です。

 

真っ直ぐな木の並びというフローリングの概念を打ち破った、カーブフローリング。

まだまだ需要は少ないので、個性的な最先端の床を作る事ができますよ。

個性的なフローリングは空間の雰囲気を変えてくれるので、少しお金がかかっても採用してもらいたい床材です。

内装インテリアの簡単な決め方

納得しやすい内装インテリア決定の方法とポイント

 

床や壁、天井を選ぶ際に、どのような部分に着眼点を置いて選んだらいいのか、非常に解りにくいですよね。

まっさらな空間に1から取り入れていくのは、よほど慣れていないと出来る訳がありません。

内装その仕上げ材を選ぶ際は、あらゆる例を目にして理想を追求するようにしてみると良いでしょう。

 

1番解りやすいのが、住宅雑誌を参考にする事です。

新築やリフォームの際は、住宅雑誌を色々目にしてイメージを固めていくと良いでしょう。

いいなと思ったページを業者に見せ、このようにしたいと伝えれば、それに似合った内装材をピックアップしてくれます。

一番失敗の無い方法ですので、インテリアに自信がない方は是非参考にしてみましょう。

 

1番簡単な考えとしては、狭い空間を広く見せたい場合は、全体的に淡く薄めのカラーを使う事をオススメします。

落ちついた住空間にしたい場合は、床はダークブラウンなど濃いカラーを使って演出してみましょう。

濃いカラーにすると狭く感じてしまいますが、重さを与える事で高級感を引き出す事ができます。

 

また、内装に力を入れる際に目を向けてほしいのが、廻り縁です。

最近はフクビを回す事で納めてしまっているので、見かける事も少なくなりました。

せっかく空間にこだわって内装を決めるのでしたら、フクビではなく廻り縁を使う事をオススメします。

オススメなのが、木製の無塗装の廻り縁です。

廻り縁の中でも1番上品で高級感あふれる雰囲気を作ってくれます。

木製の廻り縁を回すだけで、壁と天井の取り合い部分に重圧感を与える事ができます。

巾木も木製の無塗装物にすると、調和が取れるのでとってもオシャレな空間にする事ができます。

 

このように選んでみると、意外とすんなりインテリアを決める事ができます。

急いで決めずに、時間をかけて眺めるようにして趣味の一環としてゆっくりと決めるようにすると、

理想的なインテリアに出会える事も可能となります。

 

見直してみよう!カーペットは快適さを引き出す万能床材

カーペットは素材の柔軟さにより空間や生活を快適にする

 

フローリングが主流になってから、すっかり少なくなってしまったじゅうたん敷き込みですが、ここ数年またカムバックされるようになりました。

それは、じゅうたんならではの素晴らしさが見直されるようになったからです。

じゅうたんが見直されるようになった素晴らしさを、まとめました。

 

・吸音性が高い

足音等の生活音を吸収してくれるので、2階での足音を軽減させる事ができるという事で、見直されるようになりました。

2階の床仕上げに使う事で、1階と2階の2つの空間の快適さを生む事ができます。

また、音の残響を上手く吸収してくれるという事で、オーディオ機器との相性が良いと大きな支持を得ています。

 

・断熱性に富んでいる

熱伝導率が低いので、断熱性にとても富んでいる材料です。

一見夏場は暑くて厄介と思われがちですが、熱を通しにくい材料なので夏も省エネ効果を発揮してくれます。

 

・足や体が疲れにくい

適度に和やら書く衝撃を吸収してくれるので、足が疲れにくいので体全体を疲れにくくさせる事ができます。

素材が荒いので、光の照り返しが非常に低いので、目が疲れない部分も大きな利点です。

 

・滑らない安心床材

フローリングやクッションフロア等に比べると、とても滑りにくいのが大きな特徴です。

転んでも素材が衝撃を吸収するので、痛みを軽減させる事ができます。

 

・ハウスダスト効果

密度が高い材料なので、ハウスダスト等を吸着させて固着し舞い上がらせるのを防ぎます。

掃除機さえしっかりとかけていれば、綺麗な空間を簡単に保つ事が出来る優れものです。

フローリングが表面が平滑なので、床にハウスダストが留まりません。

その為、常に空気中に浮遊しておりますので、とても不衛生です。

 

・ダニが住みつきにくい

カーペットはダニが住みつきやすい素材に感じますが、敷き込みの科^ペットはダニ防止加工がしてあるので、

フローリングよりもダニの住みつきを防ぐ事ができます。

 

敷き込みじゅうたんへのリフォームは、既存のフローリングの上から行う事ができます。

じゅうたんには様々な種類があり、素材や色だけではなく機能性に特化した様々な絨毯がございます。

その種類とは、

 

・防ダニ加工

・防音性カーペット

・クッション性カーペット

・ペット対応機能

 

等、色んな機能があります。

自分の理想的なじゅうたんの敷き込みを行う為に、まずは業者さんに相談してみると良いでしょう。

じゅうたんは種類や機能が色々ございますので、選び方次第で理想的なじゅうたんの敷き込みを行う事ができます。

高級マンションは、今でもフローリングではなくじゅうたんを採用している物件は多く見受けられます。

マンションに選ぶ理由は遮音性を大きく評価している部分が大きいですが、

様々な絨毯のメリットから採用しているという理由もございます。

フローリングにもじゅうたんにも、デメリットは多く存在します。

床はフローリングが当たり前!と思わず、じゅうたんという選択肢も頭に置いてみましょう。