雨漏り補修を行う場合の業者の探し方とポイント

雨漏り補修を行う場合の業者の探し方とポイント

 

雨漏りをしてしまった際、業者に頼みたいけれどどこに頼んだらいいのか解らない。

そんな方に、雨漏り補修の際にどのような業者に頼むべきかを、ご紹介します。

 

・訪問業者には絶対頼んではいけない!

1番頼んではいけないのが、訪問業者です。

訪問業者の多くは、仕事をとにかく取ろうと思っている考えが大半です。

施工精度や建築技術として高い効果をお客様に与えよう、とは思っていません。

その為、工事を行う事を形にする考え方しかせず、いざ施工してもらってもすぐ雨漏りになってしまう事があります。

技術には残念ながら乏しい業者ばかりでので、絶対頼まないようにしましょう。

それでも、訪問業者は巧みな言葉で語りかけて、どうにか契約に持っていこうと必死になります。

訪問業者を断る事が出来ない方は、家の鍵を常に閉めておく事をオススメします。

面と向かうと断れない方でも、カギを開けないで話す事で断る勇気も出てきます。

 

・業者に見当が付かない場合は知り合いに聞く

ご自分で優秀な業者が解らない場合は、知り合いに聞いたりしてオススメの業者を選定すると良いでしょう。

そして、いきなり電話してその旨を伝えます。

いきなり電話しても、快く対応してくれる業者であれば、雨漏りの様な厄介な補修でも安心して頼む事が出来ます。

 

・インターネットで探す。

インターネットで「防水工事 名古屋」などのキーワードで探して業者さんを探す方法もあります。

ただし、この場合もホームページを優秀な業者かどうかはなかなかわかりません。

悪質なサイトに気をつけましょう。

 

・お客様の立場になって考えてくれる業者を選ぼう

本当に優良な業者は、あらゆる補修方法を提示してくれます。

更に、提示した補修方法に対して詳しく説明をしてくれます。

その中で、火災保険で修繕が可能かもしれないという事も、提示してくれる業者も居ます。

火災保険の提示をしてくれなくても、こちらから問い合わせてみて快く話してくれる業者は、

お客様の事を考えた優秀な業者と言えます。

業者本位の話の流れ方ではなく、お客様の立場になって対応してくれる業者を選びましょう。

 

 

・金額と方向性を決めてから雨漏り工事を行う業者

雨漏りというのは、具体的な施工の仕方に決まりがないので、施工する側の観点により補修方法にムラがあります。

その為、施工費に幅が生じます。

お客様としても金額が把握しにくいので、金額と施工方法の方向を決めてから、

雨漏り工事を行ってくれる事が大事となります。

金額を最初に決めずに「雨漏りは緊急だから」と言って補修工事をさっさと行い、

後から莫大な金額を請求してくる業者は沢山います。

そのような流れではなく、事前に金額を決めて方向性を確実にしてから施工に踏み切る業者をオススメします。

補修ですので、確実な金額が出せない場合もございます。

その場合は、この程度の金額と提示してくれるので、それを目安に補修費の金額を把握する事が出来ます。

 

防水工事や雨漏り補修は緊急的な事ですので、一歩間違えたら嫌な思いをしてしまう事があります。

施工方法と金額の目安はきちんと事前に把握し、雨漏り補修を行ってもらうのが鉄則です。

 

 

水廻りの床は水に強い仕上げ材を採用しよう!

フローロングは台所、洗面所、トイレの床仕上げ材には不向き

 

台所や脱衣室、トイレの様な水廻りには、どのような床材を選んでいますか?

居間や廊下の延長でフローリングを使っているお宅も多いですが、本来フローリングは水廻りには不向きな材料です。

フローリングは木材で出来ているので、水に触れる事が多くなってしまうと変色し、腐食を起こしてしまいます。

床材をダメにするだけではなく、床直下の構造材の寿命も縮めてしまうので良くありません。

フローリングを水廻りに張り、使い続けるうちに表面が劣化して汚い床になっているお宅は、よく見かけます。

汚れや水分等によりフローリングが汚くなり、見るも無残な状態になってしまいます。

 

見た目的にはフローリングにしたほうが断然カッコよいですが、内装材は見た目より機能的な物を選ぶ事が基本です。

長い間建物を使い続ける為にも、部屋ごとのニーズに合った床材を選ぶようにしましょう。

 

水廻りの床材でオススメなのが、クッションフロアです。

いわゆる、CFシートという物です。

表面加工が耐水性のある着色塩ビシートであり、表面と裏地の間に緩衝材を挟んでいるので弾力性があるのも大きな特長です。

裸足で歩く事も多い水廻りは、クッション性のある床材の方が足が疲れなく快適です。

耐摩耗性、耐薬品性に富んでおり、メンテナンス性も非常に優れております。

サッと拭くだけで汚れをふき取る事ができるので、何かと汚れてしまう水廻りにはとても最適な材料です。

色や絵柄も大変豊富ですので、POPな色合いにしたり落ち着いた色合いにしたりと、ご自分の好みに合わせる事も可能です。

金額も手頃ですので、どなたでも手軽に選ぶ事ができるという部分も、とてもオススメです。

 

水廻りは水を扱う場所ですので、多少ひんやり感じる空間でもあります。

その為、床材は明るめの暖色系若しくは木目系を選ぶ事をオススメします。

寒色系やモノトーン色を選ぶと冷たさを痛感してしまいますので、オススメ出来ません。

クッションフロアは、その素材から冷たさを感じる事がありますので、

なるべく温かい雰囲気を引き出す暖色系の色合いを選びましょう。

 

 

内装リフォームの1番人気!フローリングリフォーム

フローリングリフォームの2つの方法

 

内装リフォームの中で1番人気なのが、フローリングのリフォームです。

フローリングのリフォーム方法は2通りあり、それぞれ費用が全く変わります。

その2つを、比較してみましょう。

 

・重ね張り工法

既存のフローリングはそのままにして、その上から新規のフローリングを張っていく工法です。

敷居等との取り合いがあるので、薄いフローリングを重ね張りしなければいけません。

その為、使う事ができるフローリングに制限があります。

剥がして張り替える工法と比べると、剥がす手間と産業廃棄物代金がかからないので、安価な費用になります。

また、既存床材を剥がす際の工事の騒音が気にならなく、ホコリが発生しにくい部分も、大きなメリットです。

 

・張替え工法

既存のフローリングを剥がして、新規でフローリングを張る工法です。

フローリング下部の木構造材部分の痛み等の確認が出来るので、劣化部分を補修する事も可能となります。

床下の点検も出来るので、建物の性能向上に役立ちます。

既存フローリングを剥がす際の騒音とホコリ、手間、産業廃棄物の処分が余計にかかります。

しかし、リフォームの場合は年数が経った建物が殆どですので、床下の傷み具合が気になります。

その為、床を開けて確認する事ができる、コチラの方法が本来はオススメです。

こちらの工法の方が3倍程費用かかってしまいます。

しかし、長く建物を使う為には必要な経費と思うと、高くはありません。

 

フローリングのリフォームの際に取り入れてほしいのが、巾木も一緒に取り替える事です。

フローリングにばかり目が行ってしまい、巾木の取り換えには目が向かない場合がございます。

その為、せっかく床が綺麗になっても巾木が古いままなんていう事もございます。

巾木こそお安い建材ですので、それほど費用はかかりません。

フローリングリフォームの際は、巾木も+一緒に取り換える様にしましょう。

 

巾木は、1体型の巾木と、上下2つに分かれているスライド巾木の2つの種類があります。

年々古くなり建物の歪みが酷くなっていく恐れがあるので、リフォームの際の巾木はスライド巾木の使用をオススメします。

スライド巾木は、下部の巾木が床、上部の巾木が内壁に取り付ける様になっており、2つの重なり部分が1cm程あります。

建物が歪んで床と内壁に若干の距離が出来ても、1cm程のスライド部分で見た目を回避させる事ができます。

床と巾木との隙間を作る事が無いので、見た目にも綺麗な状態をキープさせる事ができます。

 

床が豪華になると、空間全体に豪華さが引き立ちます。

築10~15年程度で、フローリングのリフォームをされる方が大半です。

建物の寿命を長くさせる為にも、古くなったと思ったらフローリングのリフォームを行う事をオススメします。

機能的内装材エコカラットで過ごしやすい空間を作ろう!

機能的なエコカラットが空間をイキイキとさせる

 

 

壁紙とコラボしながら機能的パワーを発揮してくれるエコカラットという内装材が、ここの所物凄く人気を博しております。

 

エコカラットとは、LIXILの材料で、粘土鉱物で作った細かい孔を持つ原料を焼いて形成した内壁材です。

空間を快適にさせると、とても大人気の内装材です。

その魅力は、次の通りです。

 

・湿度調整

微細な孔が沢山あり、これが湿度調整に役立つ素晴らしい機能を発揮してくれます。

湿度が高くなると微細な孔が湿気を吸収、カビやダニの繁殖を防ぎます。

湿度が低くなると湿気を放出してくれるので、乾燥肌やのどに優しい空間つくりをしてくれます。

程よい湿度に調整してくれる、とても機能的内壁材です。

 

・消臭機能

大変消臭効果が高い材質なので、余計な臭いの消臭効果を発揮してくれます。

ペット臭や介護臭、体臭、その家独特の臭いなど、綺麗に取り除いてくれます。

 

・有害物質を吸着

家具等から発する有害物質を、吸着したり低減させる効果があるので、
ぜんそくやアトピー等のアレルギー症状の悪化を防ぐ事が出来ます。

エコカラットは、ホルムアルデヒド低減建材認定を取得しているので、とても安心です。

 

・汚れを取り込みにくい材質

生活していく上で内壁も汚れてしまうのは当たり前の事ですが、エコカラットは2層からなる特殊な造りなので、
汚れが付着しても簡単なお手入れだけで簡単に取り除く事ができます。
いつまでも清潔な内壁を保つ事ができるので、清潔感に溢れます。

 

想像以上に、快適な材料だと思いませんか?

大変機能的な材料ですので、リフォーム等で取り入れるお宅が増えています。

 

エコカラットの材料は薄くて扱いやすい感じがするので、DIYで行おうとする方も多いようです。

しかし、粘土鉱物で作った薄い材料なので、ちょっとした力加減で割ってしまう場合があります。

その為、施工が意外とはかどらないなんていう方も沢山いらっしゃいます。

扱いやすそうで扱い難い材料ですので、エコカラットの施工は業者に頼んで行う事をオススメします。

 

エコカラットは、内壁全面に張らなくても効果を発揮してくれます。

効果を発揮する目安の面積は、床面積の半分以上です。

ポイント的に張って効果を発揮してくれるので、オシャレアクセントの内壁にもなります。

個性的でカッコよい空間つくりにもなりますので、是非チェックしてみましょう。

 

内装工事の際はアレルギーに注意しなければならない?

極度のアレルギー持ちの方はしっかりチェックしよう!

 

建材に新建材が増えてきた影響もあり、シックハウス症候群や
化学物質過敏症の方は非常に増えた傾向かあります。

壁紙などの建材は加工した物ですので、加工の際に様々成分が配合されています。
それらの中に、アレルギー反応を起こしてしまう成分が入っているのではと、
アレルギーが酷いお子さんをお持ちの方は、気になってしまうのではないでしょうか。

最近の子供は食生活や育ちの違いのせいか、
ちょっとした事でアレルギー反応を起こしてしまう人が多く見受けられます。
その為、これらの化学物質には慎重になるべきと言えます。
今現在、内装工事を行う際に使っている材料の全ては、

それらのアレルギー症状が起きない中身となっているので、
殆ど反応が出る事はあり得ないと言われています。

 

F☆☆☆☆とうたっている材料は、アレルギーの心配は無いに等しいと言えます。

 

現在販売している殆どの内装建材はF☆☆☆☆なので、問題は無いと言えます。

 

1つ注意してほしいのが、建築基準法で定められているアレルギーに影響を与える化学物質は、
ホルムアルデヒドとクロロホルムという物質のみという事です。
その為、その2つ以外の物質にアレルギー反応する心配がある場合は、
あらかじめ業者さんに使う材料の成分を教えてもらい、かかりつけのお医者さんと相談されると良いでしょう。

 

業者さんから、材料の品質証明をあらかじめ貰っておくと、材料の内容が一目瞭然なので助かります。

 

各種接着剤、フローリング、この2つは必ずチェックしましょう。
壁紙やクッションフロアーは、特に気にする事が無いと言われているので、安心しましょう。
現在の内装建材は、有害物質は含まれていない物ばかりですので、ほぼ心配無用です。
しかし、重度のアレルギー持ちの方が居る場合は、必ず施主様が事前に調査をしましょう。
建築屋さんは規定に合ったF☆☆☆☆の材料を使っている事がほぼ100%に近いので、
アレルギー反応が起きても業者さんの責任にはなりません。

 

何か問題が起きてから責任の所在を確かめる事に躍起になるのではなく、
事前に全ての原因を潰して快適な内装工事にしましょう。

(さらに…)