内装工事の際はアレルギーに注意しなければならない?

極度のアレルギー持ちの方はしっかりチェックしよう!

 

建材に新建材が増えてきた影響もあり、シックハウス症候群や
化学物質過敏症の方は非常に増えた傾向かあります。

壁紙などの建材は加工した物ですので、加工の際に様々成分が配合されています。
それらの中に、アレルギー反応を起こしてしまう成分が入っているのではと、
アレルギーが酷いお子さんをお持ちの方は、気になってしまうのではないでしょうか。

最近の子供は食生活や育ちの違いのせいか、
ちょっとした事でアレルギー反応を起こしてしまう人が多く見受けられます。
その為、これらの化学物質には慎重になるべきと言えます。
今現在、内装工事を行う際に使っている材料の全ては、

それらのアレルギー症状が起きない中身となっているので、
殆ど反応が出る事はあり得ないと言われています。

 

F☆☆☆☆とうたっている材料は、アレルギーの心配は無いに等しいと言えます。

 

現在販売している殆どの内装建材はF☆☆☆☆なので、問題は無いと言えます。

 

1つ注意してほしいのが、建築基準法で定められているアレルギーに影響を与える化学物質は、
ホルムアルデヒドとクロロホルムという物質のみという事です。
その為、その2つ以外の物質にアレルギー反応する心配がある場合は、
あらかじめ業者さんに使う材料の成分を教えてもらい、かかりつけのお医者さんと相談されると良いでしょう。

 

業者さんから、材料の品質証明をあらかじめ貰っておくと、材料の内容が一目瞭然なので助かります。

 

各種接着剤、フローリング、この2つは必ずチェックしましょう。
壁紙やクッションフロアーは、特に気にする事が無いと言われているので、安心しましょう。
現在の内装建材は、有害物質は含まれていない物ばかりですので、ほぼ心配無用です。
しかし、重度のアレルギー持ちの方が居る場合は、必ず施主様が事前に調査をしましょう。
建築屋さんは規定に合ったF☆☆☆☆の材料を使っている事がほぼ100%に近いので、
アレルギー反応が起きても業者さんの責任にはなりません。

 

何か問題が起きてから責任の所在を確かめる事に躍起になるのではなく、
事前に全ての原因を潰して快適な内装工事にしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA