水廻りの床は水に強い仕上げ材を採用しよう!

フローロングは台所、洗面所、トイレの床仕上げ材には不向き

 

台所や脱衣室、トイレの様な水廻りには、どのような床材を選んでいますか?

居間や廊下の延長でフローリングを使っているお宅も多いですが、本来フローリングは水廻りには不向きな材料です。

フローリングは木材で出来ているので、水に触れる事が多くなってしまうと変色し、腐食を起こしてしまいます。

床材をダメにするだけではなく、床直下の構造材の寿命も縮めてしまうので良くありません。

フローリングを水廻りに張り、使い続けるうちに表面が劣化して汚い床になっているお宅は、よく見かけます。

汚れや水分等によりフローリングが汚くなり、見るも無残な状態になってしまいます。

 

見た目的にはフローリングにしたほうが断然カッコよいですが、内装材は見た目より機能的な物を選ぶ事が基本です。

長い間建物を使い続ける為にも、部屋ごとのニーズに合った床材を選ぶようにしましょう。

 

水廻りの床材でオススメなのが、クッションフロアです。

いわゆる、CFシートという物です。

表面加工が耐水性のある着色塩ビシートであり、表面と裏地の間に緩衝材を挟んでいるので弾力性があるのも大きな特長です。

裸足で歩く事も多い水廻りは、クッション性のある床材の方が足が疲れなく快適です。

耐摩耗性、耐薬品性に富んでおり、メンテナンス性も非常に優れております。

サッと拭くだけで汚れをふき取る事ができるので、何かと汚れてしまう水廻りにはとても最適な材料です。

色や絵柄も大変豊富ですので、POPな色合いにしたり落ち着いた色合いにしたりと、ご自分の好みに合わせる事も可能です。

金額も手頃ですので、どなたでも手軽に選ぶ事ができるという部分も、とてもオススメです。

 

水廻りは水を扱う場所ですので、多少ひんやり感じる空間でもあります。

その為、床材は明るめの暖色系若しくは木目系を選ぶ事をオススメします。

寒色系やモノトーン色を選ぶと冷たさを痛感してしまいますので、オススメ出来ません。

クッションフロアは、その素材から冷たさを感じる事がありますので、

なるべく温かい雰囲気を引き出す暖色系の色合いを選びましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA