雨漏り補修を行う場合の業者の探し方とポイント

雨漏り補修を行う場合の業者の探し方とポイント

 

雨漏りをしてしまった際、業者に頼みたいけれどどこに頼んだらいいのか解らない。

そんな方に、雨漏り補修の際にどのような業者に頼むべきかを、ご紹介します。

 

・訪問業者には絶対頼んではいけない!

1番頼んではいけないのが、訪問業者です。

訪問業者の多くは、仕事をとにかく取ろうと思っている考えが大半です。

施工精度や建築技術として高い効果をお客様に与えよう、とは思っていません。

その為、工事を行う事を形にする考え方しかせず、いざ施工してもらってもすぐ雨漏りになってしまう事があります。

技術には残念ながら乏しい業者ばかりでので、絶対頼まないようにしましょう。

それでも、訪問業者は巧みな言葉で語りかけて、どうにか契約に持っていこうと必死になります。

訪問業者を断る事が出来ない方は、家の鍵を常に閉めておく事をオススメします。

面と向かうと断れない方でも、カギを開けないで話す事で断る勇気も出てきます。

 

・業者に見当が付かない場合は知り合いに聞く

ご自分で優秀な業者が解らない場合は、知り合いに聞いたりしてオススメの業者を選定すると良いでしょう。

そして、いきなり電話してその旨を伝えます。

いきなり電話しても、快く対応してくれる業者であれば、雨漏りの様な厄介な補修でも安心して頼む事が出来ます。

 

・インターネットで探す。

インターネットで「防水工事 名古屋」などのキーワードで探して業者さんを探す方法もあります。

ただし、この場合もホームページを優秀な業者かどうかはなかなかわかりません。

悪質なサイトに気をつけましょう。

 

・お客様の立場になって考えてくれる業者を選ぼう

本当に優良な業者は、あらゆる補修方法を提示してくれます。

更に、提示した補修方法に対して詳しく説明をしてくれます。

その中で、火災保険で修繕が可能かもしれないという事も、提示してくれる業者も居ます。

火災保険の提示をしてくれなくても、こちらから問い合わせてみて快く話してくれる業者は、

お客様の事を考えた優秀な業者と言えます。

業者本位の話の流れ方ではなく、お客様の立場になって対応してくれる業者を選びましょう。

 

 

・金額と方向性を決めてから雨漏り工事を行う業者

雨漏りというのは、具体的な施工の仕方に決まりがないので、施工する側の観点により補修方法にムラがあります。

その為、施工費に幅が生じます。

お客様としても金額が把握しにくいので、金額と施工方法の方向を決めてから、

雨漏り工事を行ってくれる事が大事となります。

金額を最初に決めずに「雨漏りは緊急だから」と言って補修工事をさっさと行い、

後から莫大な金額を請求してくる業者は沢山います。

そのような流れではなく、事前に金額を決めて方向性を確実にしてから施工に踏み切る業者をオススメします。

補修ですので、確実な金額が出せない場合もございます。

その場合は、この程度の金額と提示してくれるので、それを目安に補修費の金額を把握する事が出来ます。

 

防水工事や雨漏り補修は緊急的な事ですので、一歩間違えたら嫌な思いをしてしまう事があります。

施工方法と金額の目安はきちんと事前に把握し、雨漏り補修を行ってもらうのが鉄則です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA