水廻りの床にオススメしたいコルク床!

意外や意外!コルクを水廻りの床にオススメしたい理由!

 

水廻りの床といえば、クッションフロアを選ばれる方も多いのではないでしょうか。

クッションフロアの難点と言えば、柄が偽物っぽいという部分ではないでしょうか。

全て加工された柄なので、その安っぽさが嫌だと敬遠される方もいらっしゃるようです。

水廻りの床材としてとても優秀なのですが、見た目と感触に難色を見せている方が多いようです。

 

そんな中、水廻りの床材として密かに注目されてきているのが、コルクの床材です。

コルクの床材の素晴らしい部分は、熱伝導率が良くないので足触りを温かくさせる事ができるという部分です。

洗面脱衣室やトイレは冷えやすい空間ですので、特に冬場は足が冷たくなってしまいます。

冬場の朝は、床からの寒さにとても苦痛に思う方も多いのではないでしょうか。

クッションフロアは材質と表面加工により、どうしても冷たさを与えてしまいます。

防水性にとても富んでいるクッションフロアですが、安価な分デメリットもございます。

 

そんな状態を改善させてくれる、コルクを使った水廻りに富んでいる材料が、コルクマットです。

コルクマットとは、コルクを加工したマット型の床材です。

コルクですが、水に強い表面加工をしているので、水分にとても強い性質を持っております。

また、コルクなので弾力性に高いので、クッションフロアのような弾力性にとても富んでいます。

コルクマットに張り替えてから、裸足で水廻りを歩くのが当たり前になったというお宅も多く拝見します。

まるで床暖房のように温かいとう声もあり、特に冬が非常に快適!という声もあります。

なんと、コルクマットを敷く事で、室内の温度が1度上がるというデータもございます。

電気を一切使っていないのに、このように1度も上げる事ができるというのは、非常にエコ省エネ材料です。

足元が温かいので、体感温度はさらに上がるでしょう。

冷え性の女性が居るお宅には、断然オススメです。

赤ちゃんやお年寄りなど、本来体温を高めたい方がいらっしゃるお宅には、是非使ってほしい材料です。

 

コルクの表面はカビが生えにくい素材ですので、一般的な換気をしていればカビなどが生える心配は全くございません。

濡れてしまった場合はサッと拭き取れば良いので、他の床材と変わりません。

 

クッションフロアよりは多少高価になってしまいますが、洗面所やトイレの床面積は狭いので、少し贅沢をした材料を使っても、然程の負担にはならないでしょう。

いざ使ってみると、その足触りの良さに驚きますよ。