見直してみよう!カーペットは快適さを引き出す万能床材

カーペットは素材の柔軟さにより空間や生活を快適にする

 

フローリングが主流になってから、すっかり少なくなってしまったじゅうたん敷き込みですが、ここ数年またカムバックされるようになりました。

それは、じゅうたんならではの素晴らしさが見直されるようになったからです。

じゅうたんが見直されるようになった素晴らしさを、まとめました。

 

・吸音性が高い

足音等の生活音を吸収してくれるので、2階での足音を軽減させる事ができるという事で、見直されるようになりました。

2階の床仕上げに使う事で、1階と2階の2つの空間の快適さを生む事ができます。

また、音の残響を上手く吸収してくれるという事で、オーディオ機器との相性が良いと大きな支持を得ています。

 

・断熱性に富んでいる

熱伝導率が低いので、断熱性にとても富んでいる材料です。

一見夏場は暑くて厄介と思われがちですが、熱を通しにくい材料なので夏も省エネ効果を発揮してくれます。

 

・足や体が疲れにくい

適度に和やら書く衝撃を吸収してくれるので、足が疲れにくいので体全体を疲れにくくさせる事ができます。

素材が荒いので、光の照り返しが非常に低いので、目が疲れない部分も大きな利点です。

 

・滑らない安心床材

フローリングやクッションフロア等に比べると、とても滑りにくいのが大きな特徴です。

転んでも素材が衝撃を吸収するので、痛みを軽減させる事ができます。

 

・ハウスダスト効果

密度が高い材料なので、ハウスダスト等を吸着させて固着し舞い上がらせるのを防ぎます。

掃除機さえしっかりとかけていれば、綺麗な空間を簡単に保つ事が出来る優れものです。

フローリングが表面が平滑なので、床にハウスダストが留まりません。

その為、常に空気中に浮遊しておりますので、とても不衛生です。

 

・ダニが住みつきにくい

カーペットはダニが住みつきやすい素材に感じますが、敷き込みの科^ペットはダニ防止加工がしてあるので、

フローリングよりもダニの住みつきを防ぐ事ができます。

 

敷き込みじゅうたんへのリフォームは、既存のフローリングの上から行う事ができます。

じゅうたんには様々な種類があり、素材や色だけではなく機能性に特化した様々な絨毯がございます。

その種類とは、

 

・防ダニ加工

・防音性カーペット

・クッション性カーペット

・ペット対応機能

 

等、色んな機能があります。

自分の理想的なじゅうたんの敷き込みを行う為に、まずは業者さんに相談してみると良いでしょう。

じゅうたんは種類や機能が色々ございますので、選び方次第で理想的なじゅうたんの敷き込みを行う事ができます。

高級マンションは、今でもフローリングではなくじゅうたんを採用している物件は多く見受けられます。

マンションに選ぶ理由は遮音性を大きく評価している部分が大きいですが、

様々な絨毯のメリットから採用しているという理由もございます。

フローリングにもじゅうたんにも、デメリットは多く存在します。

床はフローリングが当たり前!と思わず、じゅうたんという選択肢も頭に置いてみましょう。