塗装の場合は機能性塗料に目を向けてみよう

塗装を行う場合は、屋根が外壁刺激を沢山受ける環境という事を考えて、塗料を選択するようにしましょう。
屋根の塗装は外壁と一緒にリフォームを行う事が大半ですので、
同じタイミングで塗装が出来るような塗膜状態が必須となります。
外壁と同じ塗料を選択して塗布すると、明らかに屋根に方が
紫外線等の外的刺激を受けてしまいますので、早く劣化してしまいます。
外壁のリフォームと頻度を合わせてしまうと、屋根が劣化した状態で
放置となってしまい、屋根に不具合が起きてしまいます。
屋根には、フッ素系塗料や光触媒塗料等、寿命が長い塗料を選択するようにしましょう。
普及品塗料のシリコン塗料と比べると1.5~2倍程の長寿命ですので、
外壁と同じタイミングに塗装を行っても同じタイミングでの塗装工事が可能となります。


・塗装で屋根の雨漏りを止めたい場合
葺き替えではなく塗装で雨漏りを止めたい場合は、防水機能が配合された塗料を選択しましょう。
少しお高いですが、屋根に1枚の防水膜で覆う事が出来ますので、雨水の浸入を防ぐ事が出来ます。