外壁リフォームと同じタイミングで行おう

屋根のリフォームは、外壁のリフォームと同じタイミングに行う事をオススメします。
その理由は、仮設材の重複を避けるためです。
屋根のリフォームの際も、屋根に上るまでのルートに足場を設立します。
外壁のリフォームと一緒に行えば、屋根に上るまでの足場は外壁足場と兼用で使う事が出来ます。
仮設材は最後に残らない工事であり、意外と費用がかさむ工事です。
必要な仮設にいかにお金を掛けないかが工事の基本ですので、
一緒に行う事が利口な外部リフォームとなります。

単純に屋根のリフォームといっても、目を向けて欲しいポイントが沢山あります。
屋根は建物の頂点にある部位であり、建物を上からの外的刺激から守ってくれている重要な部位です。
ただ綺麗になればいい程度のリフォームではなく、
これから末永く使えるように様々な部分に目を向けるようにしてみましょう。
特に雨漏りが既に起きている建物の場合は、いかに雨を入れ込まないのかの
配慮をしてリフォームを行わなければいけません。
塗替えか葺き替えか迷ったら、葺き替える方をオススメ出来ます。
屋根がそっくり新しくなりますので、それまで受けていた不便さを間違いなく解消させる事が出来ます。