高齢者の為の玄関前ポーチのスロープの設置

〇玄関前ポーチのスロープの設置
玄関前にポーチは高齢者には上がりにくい場合がありますので、スロープの設置がオススメとなります。
スロープというのは難しい物であり、様々なポイントに目を向けなくてはいけません。
スロープ設置の際は、これらのポイントに目を向けて設置の計画をしましょう。

・スロープの傾斜角度
スロープというのは、歩行用と車いす用があります。
基本的に歩行用スロープの角度は1/8以下と言われていますが、
実際は角度が急で使いにくい場合が多いので、1/12以下とする事が望ましいです。
車いす用の場合は1/15以下が望ましいと言われていますが、
実際は1/20以下の角度がスムーズに車いすの乗り降りをする事が出来ます。

・スロープの幅
幅員は120cm以上とし、車いす用は150cm以上とする事が望ましいです。

・手すりと脱輪防止
必ず手すりを設け、床面より75cm程度の位置に取り付ける事が望ましいです。
また、側壁が無い場合はスロープの端に5cm以上の立ち上がりを設ける事で、車いす脱輪防止とする事が出来ます。

〇玄関からホールの上り口の段差
玄関からホールへの上がり口への段差は、2つの考え方があります。

・腰かけを作って出入りする方法
1つは、ホールで腰かける部分を作って靴の脱ぎ履きを行い出入りする方法です。
この場合は、段差が20cm以上あっても問題ありません。

・足に不便があったり車いすの場合
足に不便さがあったり車いすでの出入りの場合は、段差は1cm程度にするようにしましょう。
玄関の中に傾斜を付ける事で、雨水やゴミを玄関ホールに寄せ付けなくする事が出来ます。
全く段差が無いと雨水の行き来が発生してしまう場合もありますので、1cm程度の段差は必ず必要となります。