高齢者の快適空間の為には

〇トイレは広めに設ける
トイレのリフォームを行う場合は、2畳以上の空間にする事が望ましいです。
その理由は、車いすで利用したり介護の人と一緒に利用する事があると想定出来るからです。
ほとんどのお宅が1畳ほどのトイレであるため、いざ体が不自由になった際に使いにくいトイレと言われています。

〇階段は滑りにくい床材に
ほとんどの階段はラワンや青木に塗装を施している仕上げが一般的ですが、
これでは年齢を増した方には滑って危ないです。
階段の上り下りは極力避けないですが、どうしても必要な場合は
カーペット等に滑りにくい素材を貼って滑りにくい状態にしましょう。

〇各部屋のドアは引き戸にする
ほとんどのお宅がドアは開き戸になっていますが、開き戸の場合開く事で
スペースを取ってしまいますので、高齢者には意外と不便となってしまいます。
体が不自由になった時のことを考えると、開き戸よりは一本引き等の引き戸の方が断然望ましいです。
一本引き戸は、このようなポイントで設置を考えましょう。

・開口幅
望ましいのは、開口幅80cm以上です。
車いすを考慮する場合は、120cm以上となります。
車いす用に開口幅を広げる為には、3枚引き戸にすると大きな開口を開ける事が可能となります。

・引き手
また、引き手には軽い力で開け閉めが可能な大型ハンドルを付けると、少ない力でも簡単に開け閉めが可能となります。

〇敷居の無い開口部
バリアフリーの基本となりますが、開口部の敷居をフラットにする事はとても重要です。
開き戸の開口部だけではなく、和室に上がる際の引き違い戸の敷居もフラットにする事をオススメします。
体が不自由になると、たった1cmの段差でさえもつま先に引っかかってしまう事があります。
木製建具のリフォームを行う場合は、鴨居で吊っているハンガードアにすると敷居が不要となります。
開口部のリフォームを行わず段差を解消したい場合は、
既存の敷居の前後にスロープ型の敷居を取り付ける事でも、バリアフリーを作る事が出来ます。

〇明るい色合いの内装空間
年齢を増してくると目が見えにくくなってしまいますので、木目調やブラウン系の内装は暗さを表してしまいます。
高齢者の内装リフォームは、これらのポイントが大事となります。

・壁紙の選び方
壁紙などリフォームを行う場合は、白やクリーム色等の明るい色合いを選択するようにしましょう。

・床の選び方
また、フローリングやクッションシート、木製建具等もナチュラルオークのような
明るい色合いを選択する事をオススメします。
この際、間違ってはいけないのは、床を白っぽい色合いにしてしまう事です。
壁も天井も白っぽい色で床も白っぽくしてしまうと、床と壁の境界線が判別しにくくなり、高齢者には危険です。
明るくしても、床はナチュラルオーク程度の明るさにするようにしましょう。